JRAの中央(中山・東京・阪神・京都)開催地全てのG1レースで勝利したディープインパクトですが、産駒は向き・不向きなレースについてはっきりとした傾向があるようです。

そこで、ディープインパクト産駒の有利なレース、苦手なレースを2015年までのG1レースの実績でご紹介します。

スポンサーリンク

ディープインパクト産駒のG1レースの成績は?

ディープインパクト 最強

ディープインパクト産駒の2015年までのG1レースの実績は以下の通りです。

レース名・開催地・距離・(1着,2着,3着,着外)
・安田記念・東京・芝1600m(1,1,1,16)
・NHKマイルC・東京・芝1600m(1,1,1,4)
・ヴィクトリアマイル・東京・芝1600m(2,1,1,10)
・天皇賞(秋)・東京・芝2000m(1,3,0,13)
・優駿牝馬・東京・芝2400m(2,3,2,12)
・東京優駿・東京・芝2400m(2,1,1,16)
・ジャパンC・東京・芝2400m(3,2,1,6)
・マイルCS南部杯・東京・ダート1600m(0,0,0,1)
・皐月賞・中山・芝2000m(0,2,2,12)
・有馬記念・中山・芝2500m(1,0,0,10)
・朝日フューチュリティ・中山(阪神)・芝1600m(1,1,1,1)
・スプリンターズS・中山(新潟)・芝1200m(0,0,1,3)
・中山大障害・中山・障害4100m(1,0,1,0)
・中山グランドジャンプ・中山・障害4250m(0,0,1,1)
・高松宮記念・中京・芝1200m(0,0,1,3)
・マイルチャンピオンS・京都・芝1600m(2,2,2,18)
・エリザベス女王杯・京都・芝2200m(2,2,2,10)
・秋華賞・京都・芝2000m(3,2,0,12)
・菊花賞・京都・芝3000m(0,2,1,16)
・天皇賞(春)・京都・芝3200m(0,1,0,7)
・阪神ジュベナイルF・阪神・芝1600m(2,1,1,7)
・桜花賞・阪神・芝1600m(4,3,1,8)
・宝塚記念・阪神・芝2200m(0,2,3,6)

この中で最も成績が良いのはジャパンCと、桜花賞でしょう。

どちらもサンプル数は少ないものの、勝率25%、複勝率50%という秀逸な成績を残しています。

特に桜花賞のように生涯で1度しか出走できない3歳限定レースにおいてこのような成績を残すということはかなりの得意レースといえるでしょう。

反面、成績が振るわないのはスプリンターズS、天皇賞(春)です。スプリンターズSは新潟開催の2014年に3着1回のみ、天皇賞(春)は京都専門ともいわれたトーセンラーが2着に入った1回のみです。

では、G1レースの成績にみるディープインパクト産駒の得意なレース(ジャパンC、桜花賞)と不得意なレース(スプリンターズS、天皇賞(春))についてレースの特性をみていきましょう。

高速馬場でペースへの柔軟な対応が求められるジャパンC

ジャパンCは秋の東京開催の最終日に行われる国際G1レースです。

コース改修後からCコースを使用しており、ホームストレッチのメモリアルスタンド前から、左回りで約1周を走り、ゴール前の直線は525.9mとです。

このレースで史上初の2連覇を達成したジェンティルドンナは、2012年は平均ペースのなか好位で抜け出し、オルフェーブルをハナ差制して勝利しましたが、

2013年は前半1000mが62.4秒という超スローペースで、外からデニムアンドルビーのゴール前の猛追があったものの、終始好位を守り勝利しました。

スポンサーリンク

2015年はカレンミロティックが引っ張り、前半1000m 59.3秒と縦長のハイペース。

外から押し上げるゴールドシップやこれに合わせてスピードを上げるラブリーデイなどがゴール前ひしめくなか、ショウナンパンドラが0.6秒差になんと15頭が入線するという史上最大の激戦を勝利しました。

末脚のキレだけでなく力の要る桜花賞

桜花賞はサラ3歳の牝馬限定レースで、2006年に新設された外回りコースを使用します。

最後の直線は474mで最後に急な上り坂です。

コース改修前はスタートから第1コーナーまでの距離が短く、外枠不利となり坂もなかったために先行馬が止まらないという「魔の桜花賞ペース」といわれていましたが、新設コースの使用により、直線勝負の傾向となってきました。

 

2011年には大本命といわれたレーヴディソールが骨折で欠場し混迷を極めるなかで、

同じ厩舎であるマルセリーナが後方の位置取りから直線大外へ持ち出し、フォーエバーマークを並ぶ間もなく抜き去り、

最後は追い込んできたホエールキャプチャの脚色を確認する余裕まである圧勝でした。

また、2012年はジェンティルドンナが中団から最後の直線でヴィルシーナ、アイムユアーズとの叩き合いを1/2馬身差し切って勝利しました。

続けて2013年にはアユサンが馬群の中で我慢して直線で外に持ち出し、スパートし、猛追するレッドオーヴァルにいったん差されたものの、最後クビ差で差し返して勝利しました。

さらに2014年ハープスターが大外枠から道中最後方の位置取りで、最後の直線レーヴデトワール、ヌーヴォレコルトなどをまとめてかわし、桜花賞タイレコードで勝利しました。

このようにディープインパクト産駒が初年度産駒から4年連続で桜花賞制覇という偉業を成し遂げたのです。

前半のペースが速いスプリンターズS

スプリンターズSは、2002年と2014年に新潟で開催した以外は中山で開催しています。

中山開催のスプリンターズSはスタートから最終コーナーまで緩やかな下り坂が続き、最後の直線で上り坂があります。

そのため、前半飛ばして後半耐えるというレース展開が多くなります。

2015年勝利馬ストレイトガールこそ前半3ハロン、後半3ハロンが34.1-34.0のイーブンペースですが、2014年勝利馬スノードラゴン33.7-35.1、2012年2013年連覇したロードカナロアは32.7-34.0、32.9-34.3と前半のペースの方が早くなっています。

どちらかというと後半勝負のディープインパクトにとっては苦手な展開となります。

ペースが速いままで上がり勝負の天皇賞(春)

もうひとつの不得意なレース、天皇賞(春)は2003年以降2006年にCコースを使用した以外はDコースを使用しています。

これはこのレースしか使用しないコースで、外回りを約1周半します。

菊花賞と比較して最初のコーナーまでの距離が長いため、先行馬が序盤比較的早いペースとなるのが特徴です。

その後も高速馬場のため、ペースが落ちることなく、上がり勝負という展開になります。

前半からのペースについていけるスタミナが必要であるため、ディープインパクト産駒としては苦手なコースとなるようです。

このように得意・不得意のレースを分析して馬券購入の材料にしてみてください。

スポンサーリンク